中嶋接骨院の交通事故診療について

交通事故診療なら当院にお任せください。

むち打ち等の交通事故によるお怪我の場合、知識の有無で慰謝料などの金額が大きく変わってしまいます。実際にはほとんどの方が損をしていることが多いのというのが事実です。 中嶋接骨院の交通事故治療は、交通事故治療のスペシャリストが、治療開始~示談成立まで責任を持って対応させて頂くのはもちろんのこと、事務手続きに関しましてもサポートさせて頂いております。 受付時間も午前9時~午後9時までと広くとっておりますのでお仕事終わり等でも時間に追われずにご通院いただけます。 時間外の診療も承っておりますので、電話、メール、LINEにて随時ご相談ください。 悲しいことに交通事故の示談交渉時に相手方の損保会社様と意見が相違してしまうことが起こる時もあります。そんな際には無料相談も行っておりますので、お気軽にご相談ください。 また、当院と提携して頂いている交通事故の交渉に詳しい弁護士(当院からご紹介時には初回相談料無料)をご紹介することも可能です。 病院様や整形外科様との併用でのご通院も可能です。

交通事故による怪我の怖さと中嶋接骨院の治療

むち打ち等の交通事故によるお怪我は少し特殊なお怪我です。 通常のお怪我ではすぐに痛みが出てきますが、むち打ち等の交通事故によるお怪我の場合少し時間をおいてから首や肩、腰などに痛みが出る場合があります。 その理由として大抵の方は交通事故という突然の非常事態に遭遇したことで興奮状態となるはずです。 興奮状態にある場合、人間の体内にはアドレナリンやβエンドルフィンという物質が分泌され、痛みを感じにくくなると言われております。 よって、大きな切り傷や出血などの明らかな外傷がない場合には、その場で痛みを感じないことが起こり得るのです。 実際にいた患者様で骨折をしていても痛みを感じず、後日検査をしたら実は骨が折れていたということもありました。 少し時間がたって興奮状態が収まってくれば、徐々にと痛みを感じるようになってきます。 一般的に一番あり得るのは、むちうちですが診断名としては、頚部捻挫や外傷性頚部症候群などと呼ばれます。 基本的には、首の痛みや肩こり、首の可動域制限や、頭痛、吐き気、耳鳴り、めまいなどの症状が現れるものです。 むちうちの場合、人によっては、事故から一週間程度経ってから自覚症状が出ることもあります。 交通事故で負う怪我の中で一番多いものなので、直後に自覚症状がなくても必ず検査、治療を受けられることをお勧めします。 当院での交通事故によるお怪我の治療はお怪我した部位はもちろんのこと、お怪我の影響により発生する周りの部位の痛みや、交通事故に合われてから少し日にちがたってから出てくる痛みにも注意をはらいながら後遺症を出さないためにも、当院オリジナルの治療法でしっかりと検査、患者様一人一人の症状に合わせたオーダーメイド治療をしていきます。

交通事故診療のお支払い、保険の使用について

交通事故の診療は基本的に自賠責保険及び任意保険を使用するので患者様のご負担はありません。 当院が自賠責や損保会社との間で直接手続きを進めていきますので患者様にはご負担はありませんが、もしご不明点や知りたいことがあればいつでも当院に確認してください。